> 症状別メニュー > 自律神経失調症でお悩みなら【岡崎市のいお鍼灸接骨院】へご相談ください。

自律神経失調症

自律神経失調症でお悩みなら【岡崎市のいお鍼灸接骨院】へご相談ください。

岡崎市の鍼灸院 自律神経失調症(うつ、パニック障害)の鍼治療

じりつ

自律神経は自動的な神経で、生命を維持するための重要な働きを神経です。
交感神経と副交感神経があります。
 交感神経は仕事やスポーツの時に心臓の鼓動や血圧を高めて精神活動を活発にします。主に昼に優位になります。
副交感神経は睡眠、休息をとる時に働く神経で心臓の拍動を静め精神活動を休めます。主に夜に優位になります。

また自律神経は消化器を動かしたり、体温をコントロールしています。
自身の意思とは関係なく動く神経で、普段無意識にしている呼吸、消化、排せつ、体温調整、睡眠などを調整しています。

自律神経失調とは、この神経が傷ついたり変性してしまったというわけではありません。
ただ神経の働きが乱れているだけなのです。
検査しても器質的な病変はないのに様々な不定愁訴がみられる状態が自律神経失調症です。

健康な毎日を過ごすには、この相反する働きをする交感神経と副交感神経のバランスが保たれていることが大切です。

夜更かしが続いたり体に無理を強いる肉体的なストレスや悩み心配事などの精神的なストレスが続いたりすると交感神経が過緊張に陥り副交感神経の働きが抑制されてバランスを崩します。ほてりや、冷え、頭痛。目まいなど様々な症状を起こします。

また自律神経はホルモンとも密接な関係ががあり自律神経の乱れは月経不順などの婦人科疾患、また不妊症を招く事もあります。
さらに自律神経失調症が長く続いたりすると脳がダメージを受け、鬱やパニック障害を引き起こす事もあります。
神経のバランス不調が原因の病ですが、根底には現代人の生活様式など様々な要因が複雑に絡み合って簡単には治りにくい現代病となっています。

自律神経失調症(うつ、パニック)などで日々辛い症状でお困りの方へ

愛知県岡崎市にある当院の鍼治療はひとりひとりの症状に合わせ施術を行っていきます。

 

こんな悩みはありませんか?

動悸、目まい、喉の違和感、微熱、倦怠感、イライラ、吐き気、常に胃がもたれる、頭痛、慢性疲労、下痢、便秘、不眠など…

当院では多くの方がこのような症状を克服、改善されています。

 

いお鍼灸接骨院の施術内容

長く自律神経失調症の症例に携わった経験から自律神経失調症の原因をひとりひとり分析し、原因に対して的確に施術を行っていきます。患者さんが一日でも早く笑顔を取り戻す事ができるよう誠心誠意施術を行っていきます。

問診、脈診、腹診、オーリングテストを行い原因を追究します

当院ではオーリングテストなどにより自律神経失調症の根本原因がどこから発症しているかをつきとめることから始めます。
感覚器、骨格系、ホルモン系、消化器系、泌尿器系などの様々な不定愁訴がストレスとなり自律神経失調症の原因となることがあります。
身体の不定愁訴が改善されると不安、イライラなど心の安定を保ちやすくなります。

カウンセリングを丁寧に行います

自律神経失調症(パニック障害、うつも含)の患者さんにはマイナスの考え方の癖がある人を多く見受けられます。
「自分を責める」「悪い方向に考える」「自身にネガティブなレッテルを貼る」などです。
こういった思考パターンは自身の置かれている回りの環境等から常に用いられる思考となり習慣化してしまいます。 症状が進むと思考のネガティブな部分がより増強されてしまう悪循環になってしまいます。
このネガティブな思考パターンを改善する為には間違った思考パターンにはまり込んでいることに「気が付く」ということが大切です。

さらに間違った思考パターンにはまってしまっていると、脳は誤作動を起こすことがあります。
基本的に脳は「快楽」を中心に考える様に出来ています。
「気持ちいい」「楽しい」「出来た」など達成感や快楽を追い求める様に働きます。
しかしダメージを受けた脳は「痛み」「不快」「不安」「憂鬱」などを快楽と間違えて感知し、追い求めるようになってしまいます。
自律神経失調症、パニック障害、鬱などが中々抜け出せないのは、こしたダメージを受けた脳の誤作動が間違った「快楽」を覚えてしまったためだといえます。

より健全な思考へ置き換える事が出来る様に思考修正のアドバイスをさせていただいています。

ホルモンバランスの改善

自律神経はホルモンバランスと密接な関係があります。
自律神経の中枢は脳の視床下部という部分にあります。
ここは調節中枢だけでなくホルモンの分泌中枢や「怒り」「悲しみ」「不安感」などの情動中枢も集まっています。
人は怒りやストレスを感じると脳からアドレナレン、恐怖を感じるとノルアドレナレンが分泌されます。
これらの物質を大量の活性酸素をつくりだします。
活性酸素は細胞を傷つけ自己免疫力の低下、老化などの原因となります。
強いストレスを常に受け続けるとこれらの物質に脳はダメージを受け続けている事になります。

自律神経失調症の鍼治療

1024a_0082_R
当院の鍼治療は大きく分けて二つの効果があります。
ひとつは、「氣」の流れを良くすること。
ふたつめは、「神経伝達物質」の巡りを良くすること。

東洋医学でいわれる「氣」の流れ、西洋医学的な「神経伝達物質」の巡り。
これらは不離一体のものです。

頭に流れる「氣」の道である経絡の「氣」の流れを整える事は、不定愁訴の改善につながります。
不定愁訴には「氣」の流れの滞りがあり、頭の経絡に鍼を刺すことにより「氣」の滞りを改善するという東洋医学の考え方です。
また経絡の改善による鍼刺激は脳に伝わり、これにより脳内にβ―エンドルフィンという鎮痛物質が分泌されます。
β―エンドルフィンは「気持ちいい」「楽しい」「幸せだ」と感じた時や何か達成感が得られた時に分泌される神経伝達物質です。モルヒネの6.5倍の鎮痛作用があるといわれています。
また脳を活性し精神的ストレスの解消に効果があり免疫細胞の強化の働きもあります。
鍼を身体に刺すことにより血中β―エンドルフィンの量が上昇し「不安」「恐れ」などの情緒不安を抑制しホルモン分泌の安定をもたらします。 またβ―エンドルフィンはセロトニンに対して増強作用があります。
セロトニンは神経を安定させる神経伝達物質です。
低下すると「不安」「イライラ」などを発生します。
β―エンドルフィンはセロトニン作用を持続させセロトニンの吸収を抑制します。
つまり鍼刺激によってβ―エンドルフィンを分泌させセロトニン濃度の血中の安定化をはかります。
当院の鍼治療は個々の体質に合ったオーダーメイドの経絡治療を主眼としています。
それによりホルモンの調整、神経伝達物質のバランスコントロールを調和します。

頭部に鍼をおこなうことで「氣」の流れの改善、「神経伝達物質」のスムーズな流れの安定化をはかります。

自律神経失調症の星状神経節レーザー照射

星状神経節&烏口腕筋(透明)

身体を走る交感神経の中で頸部には交感神経集まりがあり、これを星状神経節と呼びます。
星状神経節には頭・顔面・首・上肢・心臓・気管支・肺など支配している交感神経が集まっています。
星状神経節にレーザー(近赤外線)を照射すると自律神経の中枢である脳の視床下部に影響します。
それにより全身の交感神経の緊張を和らげ滞っていた血流の改善をします。
当院のレーザー(スーパーライザーPX)は近赤外線をスポット状に照射し身体の奥(最長、皮下より8㎝)まで温められるようにした赤外線照射器です。   過剰ストレスで緊張状態の方、気分の落ち込みが強い方、慢性的に痛みが続いている方などは脳の視床下部の血流が低下しています。星状神経節レーザー照射は自律神経の司令塔である視床下部をはじめとした脳の血流改善効果を発揮します。

reza

またレーザー照射による副作用、合併症は報告されていません。

自律神経失調症の頭蓋仙骨療法

頭蓋仙骨療法とは1970年代にアメリカで研究開発された手技療法でソフト患者に触れ体内の様々な膜組織のこわばりや歪みを修正する手技療法です。

頭蓋骨は硬くて動かないもの思っている人が多いと思いますが、頭蓋骨には23個の骨の縫合部分があり1分間に6~12回のリズムでわずかに動いています。

過度のストレスなどにより頭蓋骨の骨格や筋肉が硬くなるとこの自然なリズムが狂ってしまい、身体の不調の原因となります。

頭蓋仙骨療法は乱れた内部のリズムを調和し硬くなった骨格や筋肉などの結合組織をゆるめます。
優しく頭部をタッチしながら身体の深いレベルからストレスを解放し、本来からだがもっている自然なリズムを整えます。
また施術中は脳波が安定しβ波からα、θ波へと瞑想時のような脳波へとなっていきます。
寝ているような起きているような感覚だったり、手足が勝手にピクピク動いたり、お腹が鳴る、頭の中がボワーンとするなど人により色々な反応が現れます。
身体の内側つながりや動きをぜひ体感してみて下さい。

精神科の医師からも自律神経系の疾患のご紹介をいただいています

増田先生

当院の自律神経失調症治療はひとりひとりの患者さんが抱える症状に合わせて以上の治療内容を組み合わせてゆきます。
「どこにいっても良くならない」「薬とは縁を切りたい」「この迷路から早く抜け出したい」など辛い症状でお悩みの方、当院にぜひご相談下さい。

自律神経失調症の施術料金

<基本>
鍼の場合         5000円
スーパーライザーの場合 5000円
頭蓋仙骨法の場合    5000円

※ただし、自律神経失調の原因が内臓の不調や肩こり、目の疲れや腰痛など体の疼痛や不快感に起因するものはそちらの施術を優先することがあり、施術料も部位により異なります。患者さまとのご相談により施術部位を決めていき、こちらで勝手に決定することはありませんのでご安心くださいね。

愛知県岡崎市のいお鍼灸院接骨院

0564-54-8005
9:00~20:00まで受付
岡崎市はもちろん、安城市・西尾市・幸田町・豊田市からのご来院を多くいただいております。
県外においては、静岡県や東京・神奈川などからもご来院いただいております。
新規の患者さまへ 下記のメールフォームからご連絡ください。
お電話でも結構ですが、混雑や往診・学会によりでられない場合もありますのでご了承ください。

メールでのご相談はこちらから

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容