> 症状別メニュー > 機能性胃腸障害(FD)の鍼(針治療)

自律神経失調症

機能性胃腸障害(FD)の鍼(針治療)

岡崎市の機能性胃腸障害(FD)の治療を行う鍼灸院

おなかがつらい…のに、このつらさをわかってもらえない…。
download

機能性胃腸障害とは、内視鏡や血液検査、MRI検査などでも異常がないのに、さまざまな胃腸の症状が起きます。
機能の障害なので、動きがくるってしまいっている状態といわれています。

・胃酸があがってくる
胃痛
・胃もたれ
吐き気
・便秘や下痢
おなかが張る
・胸やけ
・倦怠感
・肩こり
・手足の冷え
・立ちくらみ
背部痛

様々な症状があるのに、どんなに検査を繰り返しても「特に異常が見当たらない」「軽い胃炎」「胃潰瘍や十二指腸潰瘍の跡がある」と言われてしまうため、ドクターショッピングを繰り返してしまうこともあります。
たとえ軽度の胃炎や潰瘍、ポリープなどが見つかって治療をしたとしても、機能性胃腸障害は治ってないので症状はさほど変わらず、患者さんは悩みを抱えたままとなることがあります。
内視鏡などでも特に異常がなく診断名もつかないケースもあり自分にしか分からない症状のため、家族や友人にも理解してもらえないことも少なくありません。
症状が強い方は、胃腸の調子の悪さによって仕事に影響がでたり、家のことができなくなったり、社会的にも困惑してしまうことにもなります。

「気のせい」「精神的なもの」と言われ続けることで精神的にも追い詰められ自責の念に悩まれる方も多くいらっしゃいます。
もともと精神疾患をお持ちでない方も追い詰められた状況の中、長年過ごすことで鬱(うつ)やパニック(障害)なども併発してしまうこともあります。

hata724_R

機能性胃腸障害の原因と施術法

機能性胃腸障害とは名前のごとく、「胃がうまく機能しない」ことによって起こります。
では胃を動かしているのは何でしょうか?
胃は手足のように意思で動かすのではなく、自動的が動かしていますよね。
それが「自律神経」(自動的に動かす神経)なのです。

まず、なぜ自律神経がうまく働かないのかを調べる必要があります。
患者さまのお話しを詳しくお伺いしながら、胃腸の機能を低下させる原因を探っていきます。
患者様ご自身でお気づきになっていない原因もあります。
そこで当院特有の施術であるオーリングテスト(io式)が役立ちます。
オーリングテストも用いて調べながら原因と施術法を探っていきます。
原因は食べ物であったり、習慣的に行っている行動であったり、脳の機能からくるものであったり患者さまごとに違います。
施術方針を決定後、患者さまにお伝えし、患者さまのご希望(ハリの得意・不得意など)もお聞きしながら施術を行います。

機能性胃腸障害の鍼灸(しんきゅう)は何をするの?

鍼(はり)は国内生産使い捨てものを使用します。
最も細い鍼を使用するため、鍼の痛みはほとんどないでしょう。
無痛針といわれています。
症状によりますが、おなかや背中、頭などに鍼を刺すことが多いです。原因ごとに鍼の位置は違います。
多少、チクっとするかもしれませんが、髪の毛ほどの細さなので刺した感覚すらほとんど感じない部分もあります。
ただ、痛みに敏感な方、針に不安を感じる方、他の施術法が適切な方などは鍼(はり)以外の施術法も用意しています。
1024a_0059_R

機能性胃腸障害(FGID)の光治療器

鍼をつかわない機能性胃腸障害の施術法もあります。
スーパーライザー
という光治療器を用いる温かくて心地よい光の施術です。
星状神経節という自律神経のスイッチをつかさどる部分に照射することで、安静時は副交感神経が働き、胃腸の動きがスムーズに行われるように促していきます。
当院のスーパーライザーはPXシリーズで最上位機種を用いています。
スーパーライザーにはさまざまな機種がでており、最下位機種と最上位機種を比べると効果は6倍も違うと言われています。
795316b92fc766b0181f6fef074f03fa

深達

星状神経節&烏口腕筋(透明)
※お洋服は着たまま行います。

スーパーライザーは星状神経節に照射することにより、自律神経を整えることができます。
胃腸は自律神経が支配していますので自律神経が整うと自然に胃の症状も落ち着いてきます。

また胃腸の神経叢である「腹腔神経叢」にスーパーライザーを照射することもあります。
こちらはお腹や背中の神経の近くに照射します。
hata043_R

どの方法を使うにしても、患者さまごとの原因にあった個所に必要な施術をすることが大切です。
 原因を特定し、自律神経を整え、胃の動きを正常にさせる方法で症状を和らげていきます。

頭蓋仙骨法

頭蓋仙骨法は頭蓋骨に軽く触れて、脳脊髄液の流れを整える方法です。
脳脊髄液は脳や脊髄の周りにある無色透明な液体で、流れが滞ると脳に負担を与え、自律神経にも影響を及ぼすといわれています。
no
脳脊髄液の役割
①脳と脊髄を水分で満たすことで保護すること
②脳と脊髄の老廃物を排泄すること

この脳脊髄液の流れが悪くなってしまうケースがあります。
過度の筋緊張ストレスなどの原因により頭蓋骨の縫合部が硬くなってしまっている場合、うまく脳脊髄液がまわらなくなり、また脳が外側からの圧迫で物理的なストレスを受け続けてしまいます。
その状態が短い時間であれば特に問題なく生活できますが、長期にわたると脳の機能が少しずつ衰える原因となります。
自律神経をつかさどっている一番の大元は脳です。
人の頭部は23個から成りたっており、1分間に10回前後わずかに膨らんだり閉じたりしています。
脳脊髄液を流すためです。 脳の入れ物である頭蓋骨の位置を整えていくことで、物理的にかかる脳へのストレスを軽減していきます。
物理的な脳へのストレスがなくなると自律神経がうまく働くようになり、しいては機能性胃腸障害の改善が期待できます。

患者さまの頭部や頸部に凝りや異常な緊張がある場合、脳のストレスを少しでも取り除くべく、頭蓋仙骨法を用いることがあります。

オーリングテストで機能性胃腸障害を診る

オーリングテストをご存知ですか?
オーリングテストは「自分の身体に合うか合わないか」を調べることができます。
「神経学」「脳科学」的に科学的根拠に基づいて開発された方法で、1973年にジョン・F・博士が広め、世界中で使われるようになりました。
わたしたちは、この技術を用いて
・患者さんが日常的に合わない食べ物を常に摂取していないか
・機能性胃腸障害のそもそもの原因は何か
・どの施術法が合うか
などをみていくことがあります。
患者さんにわかるように行う場合があります。
例えば「あなたの胃にピロリ菌がいるかどうかをオーリング検査します」等、申し上げてから行う場合と、特にオーリングを行うことをお伝えせずに施術に活かすためにオーリングを行って施術に入る場合と様々です。
当院ではどの施術に対してもオーリングテストを行いながら施術していくため、特にオーリングしてほしいといったお申し出がない限り、症状などのお話しをお聞きしながら、お体を診せていただきながら、施術者がオーリングを行いつつ質疑応答していく場合が多いです。
hata677_R

精神科の医師からも自律神経系の疾患のご紹介をいただいています

増田先生

増田先生から当院への患者さまのご紹介や、当院から増田先生への患者さまのご紹介など、精神科医師と連携して施術を行っております。

機能性胃腸障害の鍼灸の料金は?

(基本の施術)
鍼の場合         5000円
スーパーライザーの場合  5000円
頭蓋仙骨療法の場合    5000円
※鍼、スーパーライザー、頭蓋仙骨法など、施術内容は患者様ごとに異なります。
※最も合う施術法をご案内いたします。(もし「ハリが苦手」などありましたら先にお申し付けください)
※当院のスーパーライザーは最も効果の高い、最上位機種のPXシリーズを用います。

人それぞれに必要な施術は違います。
同じ機能性胃腸障害(FD)であっても、針をうつ部位はお腹や背中、頭などと違ってきます。

機能性胃腸障害で悩んでいる方へ

機能性胃腸障害のつらさは、なかなか周りのひとにはわかってもらえないですよね。
「胃が痛い」と伝えても、「よくあること…」「あなただけじゃないよ」と思われてしまうことが多いです。
機能性胃腸障害の「胃痛」と、「一時的な胃痛」では、身体の負担やその辛さは全く違います。
なかなか周囲に理解してもらえず、辛いことを人に言うことをやめてしまい、我慢しながらの生活となってしまいます。
そうするうちに、何事も守りに入ってしまい、本当は興味のあることでも「調子が悪くなったらいやだな」と思いとどめてしまう消極的な状況に陥りがちです。
わたしたちは、そんな状況の方々にたくさんお会いしてきました。
「調子が悪いのがふつう」の状態から抜け出しましょう!
もともとあったあなたの能力や人生のクオリティを取り戻しましょう!
わたしたちは、患者さまの症状に真摯に向き合い、精一杯お手伝いいたします。
1024a_0193_R

機能性胃腸障害の鍼なら
愛知県三河岡崎市のいお鍼灸院接骨院へ

0564-54-8005
9:00~20:00まで受付

メールでのご相談はこちらから

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容