> 症状別メニュー > 難聴の針治療なら岡崎市のいお鍼灸接骨院へご相談ください。

耳鳴り・難聴

難聴の針治療なら岡崎市のいお鍼灸接骨院へご相談ください。

kiin

 

難聴の治療はいつまでにするべき?

通常、突発性難聴の積極的な治療は発症22週間以内と言われており、その後にいかなる治療を行っても回復しないのが西洋医学での見解です。

耳鼻科では入院か通院により大量のステロイドを点滴し、治療することが常ですが、ステロイドの大量投与は副作用もあるため長期には行われません。

突発性難聴は突然起こる原因不明の難聴で放置していると聴力が低下して難聴が完成するといわれている難治性の疾患です。

ステロイドの投与が終了した患者さんたちは、

・もっと悪くなったら来てください

・これ以上治りません

・このまま様子をみましょう・・・・などと言われ、

絶望的な経験をされた方が多くいらっしゃいます。

 

この先どうなるのか、どうにか治る方法はないか、といった不安をかかえてドクターショッピングを繰りかえしてしまいます。

 

当院にはこのような患者さまがたくさんみえます。

中にはウツになったりパニックになったり心療内科などを訪れられる方も多くおられます。

西洋医学では「突発性難聴といえばステロイド点滴と投薬」といった形式的な治療となりますが、当院では西洋医学と東洋医学を合わせ、診察・治療を行っていきます。

患者さんに病院での検査結果などをお持ちいただき、参考にしながら、

・エコーによる血流状態を把握

・筋硬度計で各筋の硬結を把握

・オーリングテストによる根本原因の把握

など、ほかにもたくさんありますが、

当院では西洋・東洋の医学を総合した徹底的な原因究明のための診察を行っていきます。

また、診察の結果や原因の推測からハリ以外の治療を行う場合もあります。

当院で2台保有しているレーザー治療器のスーパーライザーにも高い効果が示されています。

難聴の治癒過程について

難聴が治癒していく過程で最初におこることは、「ざわつき感」です。
なんだか耳が落ち着かない、
なんだかざわざわするような気がする、
はっきりした音ではないけれども、何か聞こえるような気がする
といった感じが治癒の過程でおこる初期症状です。

こうなればしめたものです!

あなたの蝸牛神経(聴覚の神経)はまだ生きていた!

と、院長が大喜びする段階です。(^^)v

もう少し治療が進んだらさっそく耳鼻科にいって聴力検査をしてみてください。
難聴が少しだけ回復しているはずです。

難聴の施術料金

<基本>
5000円
※難聴の原因に応じて、あごの関節、頚椎や血流異常など首や肩、自律神経の施術が必要な場合は、部位に応じた施術料金となります。

 

患者さまへ

私たちは一人ひとりの患者さんに最高の治療を行うことが鍼灸師として一番大切なことと考えています。

効果の高い治療の選択、細心の注意、わかりやすい説明をすることがあなたのつらい症状を良くするため不安を取り除くため、元も大切なことと信じております。

五感は大切です。
耳なり、難聴でお困りの方のご不安は切実です。

まるで出口のないトンネルをさまよっているようなお気持ちでしょう。

あなたもそのおひとりかもしれません。

 

辛い症状でお悩みの方、ぜひ当院の治療をお試しください。

原因からじっくり診察し、患者さまお一人お一人に合う治療方針をたてていきます。

一日でも早く明るく健やかな日々が訪れますように。

1024a_0008

耳なり、難聴なら西尾市・安城市・蒲郡市近く

岡崎市のいお鍼灸接骨院

(岡崎市羽根北町4-2-19)

0564-54-8005

 

メールでのご相談はこちらから

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容