股関節、膝、足関節

膝痛

変形性膝関節症は岡崎市のいお鍼灸接骨院

中年以降の女性はホルモンバランスが変わり、骨の強度が落ちていく結果、変形性膝関節症に陥ることがあります。
正座ができなかったり、階段の上り下りが辛くなってきます。
外に出かけることがおっくうになり、ますます筋肉が衰えて膝の痛みを悪化させます。
膝痛

整形外科等の病院を受診すると、
「関節の変形」
「軟骨の減少」
「半月板が欠けている」
などが原因と言われるでしょう。

しかし、変形や欠けがある人に必ず症状が出現するかといえば、
必ずしもそうではないのです。
膝関節を調査した研究では、
痛みのない無症状の人にも変形や損傷がみられます。
変形があっても痛みのない生活を送ることは十分に可能だということです。

逆に変形も欠けもないのに、膝関節痛で歩けないほどの方もいらっしゃいます。
岡崎市の岡崎駅近くにあるいお鍼灸院接骨院では、おひとりおひとりに合わせた施術を行っていきます。

膝の変形がある場合の治療

いお鍼灸接骨院に来られる患者様に多いのは、注射を打ったり、水を抜いたり、シップを貼ったりしても、膝の痛みにはあまり効果がなかったケースの患者様です。
いお鍼灸接骨院では、まず、全身のバランスをみます。
骨盤の位置、X脚、O脚、回内足、回外足など、膝のどの部分にどんな力が加わり、どんな負荷があるのかを調べます。

hata552_R
エコー検査にて膝痛の原因を詳しく精査します。

1024a_0025_R

エコーの結果を患者さんにお見せし、膝痛の原因を説明します。

hata637_R

患者さんおひとりおひとりの膝痛に合う施術を行います。
鍼(ハリ)が適応の患者さんにはハリを行います。
写真よりももっとたくさんの針を使用します。
1024a_0106_R
鍼(はり)治療、電気治療(干渉波、損傷電流法)、ライズトロンマッサージを行い、骨盤のズレやⅩ脚などに対しては、操体療法(呼吸に合わせて整体していく、バキバキしないやさしい矯正法です。)を行います。
この膝施術は、痛みをとることと、損傷自体の回復を目的としています。
当院に通っていただいた患者さんの中には、回復が難しいといわれていた症状にも効果を上げています。
比較的若い方ですと、変形が徐々に正常な状態に戻っていった方や、損傷していた外側半月板がきれいな状態に戻っていった方もいらっしゃいます。
外側半月板は血行が良い部分だと適切な処置により回復するケースがあります。

このように、カラダ全体のバランスから膝の負荷を減らし、的確な治療を行っていけば、膝の損傷は治癒に向かっていきます。

損傷がみられないのに痛みが出現する場合の治療
痛む膝の周りを注意深く探ると、痛む膝から離れた筋肉に硬いコリがみられることがよくあります。
このコリこそが「トリガーポイント(痛みの元)」なのです。

膝が痛む場合、膝が悪いと思い込んでしまいがちですが、実際は、痛みの場所とは離れたところのトリガーポイントが痛みの引き金となっていることが多いのです。
当院では、エコー検査はもちろんのこと、徒手検査、Oリングテストなどにより、膝に問題がない膝痛の原因を西洋医学と東洋医学両方の側面から解明していきます。
トリガーポイントは筋肉のコリであることが多く、筋肉の無理な牽引により、膝に余計な負荷がかかりおこることがありますので、膝自体の治療というよりもこの筋肉の緊張を和らげていく施術をしていきます。

岡崎市 岡崎駅近く248号線入ってすぐ
いお鍼灸院接骨院(愛知県岡崎市羽根北町4-2-19)
0564-54-8005
岡崎市接骨院

△のお時間以外にも往診にでることもあります。
ご来院の際はお電話かメールください。
お電話は携帯に転送されるため時間外でも繋がります。

駐車場あり

メールでのご相談はこちらから

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容