> 症状別メニュー > 目の疲れ

頭痛・眼精疲労

目の疲れ

岡崎市の眼精疲労の鍼灸

スマホやタブレット、パソコンなどを使用することが多くなり、目の痛みや疲れを感じる機会が多くなりました。
まずは自宅でできる眼精疲労回復メニューをこなしてみましょう!
①目の周りをほぐす
②蒸しタオルをあてる
③眼球をまわす
④目を閉じる

ひどい状態になると何をやっても辛い状態から抜け出せなくなることがあります。

目の疲れがとれない状態になるとこんな症状がでてきます。
まぶたの上下がピクピクと痙攣する
目がしょぼつく
目がかすむ
太陽などの光がまぶしい
まばたきをしても潤わない(目が乾く)
頭痛や吐き気がする
肩凝りを感じる
自律神経が乱れる(不眠、胃腸の不調)
集中力がでない

そんなときは、身体の芯部からアプローチできる鍼灸をお試しください。

目の鍼(はり)

目の鍼(ハリ)って何をするの・・?と不安になる気持ち、わかります。
眼球には針をささないのでご安心くださいね(^^)
目の周りやこめかみ、頭部などに鍼をあてていき、毛様体筋、三叉神経、瞳孔括約筋などに鍼でアプローチしていきます。

1024a_0112_R

眼精疲労の多くの辛い症状は、筋の硬結や血流不足、疲労物質の蓄積などによっておきます。
針は表皮から行うマッサージなどとは違い、目の周りの筋やリンパなどの深部に直接アプローチできるのでヒフの内側から血流を改善していきます。
人それぞれ疲れている筋が違いますので、疲れている部分に特に多めに鍼を行います。

眼精疲労の鍼灸効果

患者さまが感じていただける効果で一番多いのが、
①スッキリした
②目が大きくなった
③近くや遠くがくっきりよく見える
といった効果です。

目の疲れの鍼灸 費用について

<基本料金>
眼精疲労 片眼 3800円
眼精疲労 両眼 6800円

※初診料別途

 

1024a_0002-2-683x1024

 

 

愛知県岡崎市のいお鍼灸接骨院
(岡崎市羽根北町4-2-19)
0564-54-8005

メールでのご相談はこちらから

必須お名前
必須電話番号
必須メールアドレス
必須お問い合わせ内容